◇ メタボリックシンドローム

>>三日坊主の人でも大丈夫なダイエットとは?

メタボリックシンドロームから脱出

最近よく耳にする「メタボ」と言う言葉は、メタボリックシンドロームの略称ですね。

このメタボリックシンドロームは、病名ではありません。
ですが、メタボリックシンドロームが引き起こす病気には、心筋梗塞や脳卒中など、
命に関わる病気があるのです。

【自覚症状がない】
そして、メタボリックシンドロームが厄介なのは、自覚症状が全くないということです。

ですから、知らずしらずのうちに内臓に脂肪が溜まってしまい、ある日突然
その内蔵機能が引き金となって脳梗塞を起こしたり、心筋梗塞を起こしたり・・・
自分だけでなく家族の生活まで一変させてしまう事になってしまうのです。

そんな事になってしまってから、日頃から生活習慣に気をつけておけば良かったと
後悔することがないようにメタボリックシンドロームから脱出しておく必要があるのです。

メタボリックシンドロームから脱出するには、やはり生活習慣を見直す事が大切です。
【メタボリックシンドロームの原因】
メタボリックシンドロームに足を踏み込んでしまった原因となるものは、
生活習慣の乱れ、悪化です。

朝ご飯抜きの毎日、昼はファーストフード、夕飯は大酒と暴食ではメタボリックシンドロームになってしまうのは当然です。

ここまで極端ではなかったとしても、若い頃と同じような食生活では、中年になると
カロリーの摂りすぎとなってしまいますし、年とともに、どうしても運動不足にもなってきますから内臓に脂肪が付いてしまうのは避けられないことです。

メタボリックシンドロームは自覚症状もありませんし、お腹のポッコリなどは
見てみぬ不利をしてしまいがちなところもあります。

ですが、重篤な病を引き起こす前に、脱出しておく事が大切です。