◇ メタボリックシンドローム

>>三日坊主の人でも大丈夫なダイエットとは?

メタボリックシンドロームと血圧

2008年4月より、メタボリックシンドロームの検診が始まり、
男性も女性も30代後半になると、自分がメタボ検診で引っ掛かったらどうしよう・・・?
などと、腹囲や血圧など自分の健康に対して関心を持つ人が多くなっているように思います。

【健康診断】
健康診断や病院などで「血圧が少し高めですね。」
と、いわれた事がある人はいませんか?

少し血圧が普通の人よりも高いと指摘されても、もともと健康だと思っている人は、
「たまたまその検診のときだけ高かっただけだろう。」
とか、
「少し高いくらいだったら大丈夫。」
と、自分で勝手に安心してしまっていたりするものです。

しかし、血圧が高い状態になってしまう”高血圧症”は、色々な合併症を引き起こすかもしれません。

生活習慣病の一つとして知られている”高血圧症”は、予防し、対策していかなければなりませんね。

そして、メタボリックシンドロームと高血圧の関係には、注意して気をつけていく
必要があるのです。

メタボリックシンドロームや肥満の人の血圧は、血液中の中性脂肪が多くなっている
状態だったり、コレステロール値が高くなっている状態だったりします。

【心臓の負担】
つまり、血液がドロドロで、このドロドロの血液を送り出すために、
心臓は強い負担を強いられている事になるのです。

負担のかかりすぎてしまった心臓は、心筋梗塞を起こしてしまったり、動脈硬化を
起こしてしまったり、重篤な病気を引き起こしてしまうのです。

メタボリックシンドロームと高血圧、自覚症状があるという人は少ないです。

健康診断で指摘されたら、早急に対策をとるべきですし、普段から予防していくことも必要です。