◇ メタボリックシンドローム

>>三日坊主の人でも大丈夫なダイエットとは?

メタボリックシンドロームの予防策

【自覚症状】
メタボリックシンドロームは予防策を立てていく必要があります。

メタボリックシンドロームは病気ではなく、病気にかかりやすい状態になっている
という状態です。

病気とは言えず、コレと言った症状がでるわけではありませんから、自覚症状がないというのが厄介なのです。

ある程度の自覚症状が出てしまうと、人はそれはリに気をつけるのですが、
たとえば動脈硬化の症状が出ている・・・と言うような状態は、
かなり進んだ状態であり、もう既に予防の段階ではありません。

メタボリックシンドロームの予防をするためには、まず、健康診断を受け、自分の
体の状態を調べておく事が大切です。

自分の体の状態を知る事で、食事に気をつけたり、運動を生活の中に取り入れてみたり・・・
今まで特に何も気をつけたりすることがなかった人は、かなりモチベーションを上げることができますよ。

【体を動かすこと】
普段から出来るメタボリックシンドロームの予防策としては、まず、お昼の食事と、
運動です。

お昼は、特に男性は、丼物などの一品物を食べる事が多いようですが、和定食など
バランスのとれた定食をよく噛んで食べる事が大切です。

そして、運動ですが、いきなりウォーキングを始めたり、ジョギングを始めたりするのは難しいですから、会社の行きかえりや、勤務中、意識して歩く、体を動かすことから始めてみましょう。

一駅前で降りて歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わない事、お昼のランチは少し先のお店まで出かけていくことなどで、今よりも運動量を増やす事ができますね。