◇ メタボリックシンドローム

>>三日坊主の人でも大丈夫なダイエットとは?

メタボリックシンドロームの基準値

メタボリックシンドロームには、肥満がベースになっています。

【メタボの診断基準】
たとえば男性の場合、腹囲が85センチ以上、女性の場合は、腹囲が90センチ以上というのがベースの基準です。

しかし、身長が考慮されていないこの85センチと90センチという基準。

この基準はどうなのか・・・?という疑問も残ります。

しかし、次に検査される血圧測定や、血液検査でメタボリックシンドロームが
決定的に判断されます。

中性脂肪値が150ml/dl以上であったり、血圧が収縮期血圧が
130mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上のいずれか、
或いは両方の場合、そして、高血糖が判断されるとメタボリックシンドロームであると診断されます。

また、メタボリックシンドロームと言うと、上述したように肥満がベース基準となっていて、太っている人がかかりやすいというイメージが根強くあるのですが、痩せている人でも可能性があるのです。

上述した腹囲の基準は、あくまでも診断基準にある周囲の値です。

【自分で自覚する】
自分自身の体型が変化してしまったとき、それが要注意です。

いつもはいているズボンやスカートがきつくなったり、体重が、3キロ、5キロ・・・と増えたり・・・。

自分は痩せているから安心!っと、
30歳を超えても、若い頃と同じような食生活をしていると、知らず知らずのうちに、お腹がポッコリしてきてしまいますよ。

メタボリックシンドロームの基準値は、あくまでも基準です。

自分の体のベスト状態というのは、人それぞれ異なりますし、職業や年齢などによっても、必要カロリーというのも異なります。

自分の体には自分自身で責任を持ち、家族の体には家族で気をつけあいながら、
メタボリックシンドロームを予防し、対策していきたいですね。